少し前のことですが、椅子の修理依頼を頂きました。

30年程前に購入をしたもので、がたつきの補修・座面の生地の張替えをご希望されています。
赤色の座面2脚と緑色の座面2脚の計4脚。

前脚2本、後ろ脚1本の3本脚の椅子でしたので、おおよそ3角形の座面が座貫
(というのでしょうか?私も椅子の部位の名称は詳しくないもので・・・。すいません。)の上に乗っかっていました。

まずは座面を外すと裏面にはビニールの裏地が。
そこには【MADE IN ITALY】の文字 。
それぞれタッカー(工業用ホッチキス)で止めてあります。
座面の生地をはがしていきます。

座の基材は9mm厚みのパーティクルボード。
赤色座面の方には、貫と座を固定していたビスが貫通していた跡がありました。
(下の写真は表面=座る面です。)

緑色座面の貫の外側はパックリと割れていました。

割れていないパーティクルボードを基に12mmの合板で座の基材を作り、お持込頂いた生地で座面を張りなおしました。

均等に生地を伸ばし、引っ張りすぎず、緩すぎず。
微妙な調整が必要でした。

裏面には以前表面生地として使われていたものを張りました。(洗濯済みです。)
もともと貼り付けてあったタッカー跡を切り取ったりしたもので、裏面はちょっとぎこちなくなってしまいました。

がたつきを直した椅子本体に取り付けて完成です。
椅子本体には?????と思うことがありました。
それは『イタリア製!?椅子修理(その2)本体編』へ